2016年を振り返って 前編

四ヶ月ぶりです!bBsです!!


2016年もついに今日でお終いですね。皆さん今年はいかがだったでしょうか。


僕は2015年と比べ20キロほど太り、貯金がなくなりました。


逆だったらよかったんですけど、現実は非情ですね。


まぁでも2016年はそれだけいろんな変化があって楽しかったといえば楽しかったです。


強いて言うなら、ブログが大学の友人や彼女にバレたのが今年最大の後悔です。


さて、そんなこんなで久々の更新をしていきたいと思います!


今日は2016年を締めくくる為、今までの記事で個人的に好きなのをピックアップして振り返ってみようと思います。


つまり手抜きです。久しぶりだから許してね。


ではいきます!


まずはやはりこの記事からでしょう。


bbs.hatenablog.jp



この記事は僕が一番最初に書いたネタ記事で、これが僕のいわゆるルーツと言えるでしょう。



―ゴリラでも彼女ができる。―



そういったメッセージをこめた記事ですね。映画のキャッチフレーズに使えそうです。ないか。


ゴリラ君が初めての彼女にどう接していいのかわからず、ついつい空回りしてしまう。そんな彼の行動に


かつての「はじめてのおつかい」を彷彿とさせ、一つのゴリラドキュメンタリーとして楽しめるんじゃないかと思います。


ということでこの記事を振り返って一言


ちょっとゴツいだけでゴリラとか書いてごめんなさい。普通に俺より頭いいし、イケメンです。全然ゴリラじゃない。

周りにブログの存在がバレたので身の振り方を変えなくてはいけなくなったのが本当に悔やまれます。もっと悪口書きたい。


さて、次に紹介する記事はこちらです。


bbs.hatenablog.jp


この記事は僕のブログによく登場する通称ゲス君が初めて登場した記事になります。


登場して早々に屁こき野郎の汚名を被せてやりましたが、彼の奇行はこれだけにとどまりませんので、あしからず。


ちなみに彼の屁こきエピソードはこれ以外にも沢山あります。同じような記事になりかねないので控えていましたが。


一つ紹介すると、印象的な屁こきエピソードは合コンの帰り道ですね。


合コンが終わり、僕達と帰る方向が一緒の女の子が合コンのメンバーにいたので、ゲス君の車で一緒に帰ったことがあるんです。


ゲス君が運転し、助手席に女の子、後ろに僕という構成で、他愛ない会話をしながら女の子の家まで送ったのですが


彼女が降りて自宅に帰り、僕とゲス君の二人っきりになった瞬間です。


ゲス「俺さ、さっきからずっと我慢してることがあるんだけど、言っていいかな。」


bBs「おならでしょ。」


ゲス「さすが」ブブゥゥッッッ!!!!




さすがじゃねえよ。





さすがじゃないよほんとに。あと出すぎ。どんだけ我慢してたんだ。


いまだにあの時のおならの音が僕の頭の中をかすめていき、つい笑ってしまいそうになるので、とても印象的です。


おならというか、もはやあれは爆発ですね。メタン爆発です。


芸術は爆発だなんて偉い人は言ってますが、彼の爆発は芸術とは最も縁遠いものでしょう。


さて、長くなりましたがこの記事を振り返って一言


さすがじゃねえよ。


記事の内容と全く関係なくなりましたが、彼には何度でもいいたいことなので、これにさせていただきます。


さて、思いのほか振り返ることが多く、長くなってしまったので、ここで区切らせてもらって、続きを次の記事に書きたいと思います。


次の記事で会いましょう。それでは。