第一回アーティスト選手権

こんにちは!bBsです。


みなさんは、をお描きになるでしょうか。


僕は描きません。美術の成績は常に3でした。


そんな僕ですが、友人にとても個性的な絵を描く人物がいます。


そうです。毎度おなじみ、ゲス君です。


彼の絵はとてもユニークで、見るものを笑顔にするセンスがあります。


そんな彼がわざわざ忙しい時にお願いして、急いで絵を描いてもらいましたので、僕の絵と比較して載せていきたいと思います。


ちなみに忙しいときを狙ったのはそうした方が良い勝負になると思ったからです。負けたくないので。


さて、絵を描くには題材が必要です。


そこで、僕の友人の1人、変態スマブラオタク悪臭コーヒー牛乳バカ略してケンちゃんの出番です。


彼には「言葉を人物化する」という癖があります。


例えば、


「今日は楽な日だった。」


とすると、


「今日は楽々楽太郎さんだったね。」


こうなるわけです。


そんな彼が先日人物化した言葉を僕とゲス君の感性で想像して、絵を描いていこうというのが今回の話です。


さて、役者は揃いました。


では参りましょう。第一回アーティスト選手権。


今回のお題は


ぶっ殺コロノスケ


ゴリゴリ暗記マン

の二つです。



ではまずはぶっ殺コロノスケで、僕から披露していきましょう。ドドン。

f:id:bBs:20160813170617j:plain


今思うとやわらか戦車を彷彿とさせますね。


コロノスケという、名前からしてコロコロしてそうなイメージはやはり抜けませんよね。あとはどう殺意をそこに混ぜるか。そこがこのお題の評価を分けるポイントと言えるのではないでしょうか。


ちなみにコロノスケ君の誕生秘話ですが、ケンちゃんが教授をぶっ殺コロノスケだと言ったのが発端です。彼の心の闇は深そうです。


引き続きまして、ゲス君のぶっ殺コロノスケです。どうぞ。


f:id:bBs:20160813170719j:plain


やはりどことなくこのお題は僕と感性の一致を感じます。コロノスケという名前から顔を連想して、そこに殺意を投入。同じですね。


今のところ実力は拮抗している様に感じます。


まあまだ初回ということで、今回はお互いの肩慣らしになってきたかと思います。


次のお題でお互い全力を出していきたいですね。




では今度こそ本番のお題、ゴリゴリ暗記マンです。




まずは僕の考えたゴリゴリ暗記マンから、どうぞ。



f:id:bBs:20160813170746j:plain



ゴリゴリということで、やはりゴリラを描きたくなったので趣旨を見失いそのまま描きました。


そしてゴリラを描くことで何故か満足してしまい、ポージングや暗記要素はどこかへ飛んでいってしまいました。自分の画力の無さに脱帽。


ちなみに余談ですが、自分で描いた絵を評価するのがイヤなので弟君に何度か上記二つの絵を描いて貰うようお願いしたのですが、


やんわりとはぐらかされたので渋々自分で絵を描くことにしました。予想通り面白い絵が描けなかったので誰かに頼むべきだったと反省しています。


そしてゲス君ってやっぱりノリいいんだなと思いました。二つ返事で描いてくれたので。彼はこの時旅行中だったようです。


また、ゴリラといえば僕の友達のゴリラ君という記事もあるので、よかったら見てください。僕が喜びます。(売り込み


それでは本題に戻りまして、ゲス君のゴリゴリ暗記マンです。


描いてる途中で思いましたが今のところそこまで笑い所が無くて困っています。ここいらで個人的には挽回して欲しいところ。


ツッコミやすい笑える絵を期待しています。はたして僕の願いはゲス君に届くのでしょうか。こちらです、どうぞ。



f:id:bBs:20160813170823j:plain



異形のものが現れました。個人的にかなりツボです。ゴリゴリは筋肉で表現しているのでしょうか。


f:id:bBs:20160819165724j:plain


胸に宿すわ時計。そう、暗記とは時間との戦いだからです。いい表現ですね。


f:id:bBs:20160819165609j:plain


そしてこのグラサンが片方赤い訳は恐らく暗記シートです。オレンジ色で書いた文字を赤下敷きで消す要領と一緒でしょう。


しかし何故片方だけなのか。そして片方だけだとグラサンとしての機能が損なわれるのではないか。そう思ってしまう僕は冷めた人間でしょうか。


f:id:bBs:20160819171245j:plain


そして特筆すべきはやはり手足ですね。暗記ということで、文房具が身体と一体化してるわけです。右手が鉛筆左手が消しゴム


ここまではわかります。


f:id:bBs:20160819171350j:plain


何故、何故足が三脚椅子なのか。しかも恐らくあれはローラー付きです。上手くバランスを取ることさえ至難でしょう。


せっかくここまで文房具をテーマとして積み上げてきてからのこの唐突な三脚椅子。ネタに走っただけだと思いたいですね。素でやってたら引きます。


総評としましては、僕の完敗ですね。暗記をできるのはどっちかと聞かれたら、間違いなく僕の描いたゴリラでしょうけど。三脚椅子はダメだ。

ですが、なんでしょうか、彼の絵には物語がありましたね。テーマもしっかり捉えていました。三脚椅子は(略


なにはともあれ、第一回アーティスト選手権を勝ち抜いたのは見事、ゲス君でした!


僕もコロノスケまでは少し頑張りましたが、講義中も教授の話をロクに聞かずラクガキをしている彼には惜しくも力及ばすでした。非常に残念です。


ですがなんとか最後で面白い絵が見れたのでよしとしましょう。いつもありがとうゲス君。旅行のお土産期待してます。


ということで第一回アーティスト選手権でした。続きません。


ではでは!