読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒歴史の話

こんにちは!bBsです!


突然ですが、皆さんは黒歴史をお持ちですか?


黒歴史とは…
無かった事にしたい作品や恥ずかしい思い出、忘れたい過去などの意味で使われている。 ニコニコ大百科より抜粋




察しの良い人ならばもうわかったでしょう。



そう、今回の話は僕の黒歴史の話です。


先日家の古いPCの電源をなんとなく入れてみたところ、黒歴史といえる物がバンバンでてきてすげー気持ち悪い汗が大量に出てきました。


やれ中学の時のプリクラだ、やれ自作の曲と歌だ、やれ友達とお笑い芸人を目指してて作ったネタ帳だ。やれ・・・ん?



ネタ帳・・・???



思い出しました。僕は高校時代、グラビアアイドルやキレイな女優と結婚するお笑い芸人にひどく憧れて、お笑い芸人を目指した時期があったのです。


下心満載の理由ではありましたが、僕は真剣でした。


話は変わりますが、当時僕の高校では、イケイケ組根暗組体育会組などの様々な派閥が存在し、日々勢力争いを行ってきていました。


僕と、後に一緒にネタを作る彼(以下カズ君)はその中でも一際異彩を放つ変態組 -過激派-」に所属していました。


断っておきますが僕はいたって平凡です。特殊な性癖は持ち合わせていません。


そしてちなみに「変態組」はありません。過激派のみです。未だに何故過激派のみなのか、僕自身わかっていません。


話を戻しますが、何故か僕はその「変態組-過激派-」の一員であり、その中でとりわけ仲の良い男がカズ君だったわけです。


「屋台のたこ焼き屋のハゲおやじの、鉄板から発せられる熱によって滲みでる汗に興奮するよね。」


そう真顔で言う彼の姿はまさに変態組-過激派-の名に恥じない人物であることを証明しています。


そして僕はこうしたアクの強い人物こそ、ボケ役として非常に適した人材だと思い、すぐさま彼をスカウトしたのです。


彼は二つ返事でネタ作りに協力してくれ、学校帰りや僕の家でネタ作りに励んでいました。


僕はそのネタをPCのメモ帳に保存していたようで、しっかりコンビ名もメモしてありました。「駐車禁止」らしいです。謎。


長くなりましたが、その時僕達が作ったネタを恥ずかしながらこの場を借りて披露させていただきたいと思います。


どうぞご覧ください。







僕&カズ「どーも駐車禁止です。」


カズ「いやいやいよいよですよ、あれが。」


僕「あぁあれね。オリンピックだよね。」(当時ロンドンオリンピック付近?


カズ「はぁ!オリンピック?そんなもんじゃねぇよ。もっとでかいやつだよ。」


僕「大きく出たね!?オリンピック相当でかいよ。ないでしょ、もっとでかいやつなんて。」


カズ「はぁ…。しゃーねえな。教えてやるか。芋虫パーティーだよ!」


僕「は!?なんだよその気持ち悪いパーティ!そんなのがいよいよ始まっちゃうのかよ!?」


カズ「始まっちゃうんだよなーコレが!!今年の開催は日本だから盛り上がりますなー。」


僕「いやいや。色々言いたいけど、じゃあ一応聞くけど、その芋虫パーティってのはどんな内容なの?」


カズ「まぁ例年だと芋虫を口にくわえてボーリングしたりカラオケしたりするんだけど、今年は芋虫を使わないかな。


僕「なんだそれ!?なんっだそれマジ!それ今まで芋虫必要ないし今回なんて芋虫関係すらねぇじゃねえか!」


カズ「おいおいそんな言い方しなくてもいいだろ……。芋虫だって……芋虫だって…一生懸命パーティ開いてんだよ!!


僕「ちょっと!?どうゆうこと!?芋虫が何!?芋虫がパーティ開いちゃうの!?


カズ「芋虫主催に決まってんだろ!!それ以外誰が開くんだよ!!こんの、顔面赤点!!


僕「決まってないよ!第一芋虫食べられてるんだよ!?それに何さりげなく俺の顔馬鹿にしてんだよ!赤点とか、平均以下とか傷つくわ!!」


カズ「まぁそんなかわいいそうなお前も芋虫パーティ、きていいんだぞ。」


僕「行きたくないよ!遠慮させてもらうわ!」


カズ「はぁ、主役のお前が居ないと始まんないだろ、芋虫?」


僕「あれ俺芋虫なの!?顔面赤点ってか、もう扱い芋虫なの!?」


カズ「だって・・・」


僕「なんだよ。」


カズ「俺が開いたんだもん。


僕「お前も芋虫かよ!芋虫コンビじゃねえか俺ら!もういいよ!」


僕&カズ「どうも、ありがとうございました。」




恥ずかしい。でも何故か胸がキュンとしました。


実はもう一個ネタがあるんですが、それはちょっと今は自分の精神がもたないので、それはまた機会があれば、載せて行きたいと思います。


では、今日の記事の総括としましては


黒歴史は形に残しておくと、後々ネタにできて便利


これを今日のまとめにしておきます。皆さんも黒歴史、バンバン発信していきましょう!ではでは!