読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラクリ箱の中身

こんにちは!女は元彼のプレゼントを簡単に捨てたり売ったりするが、男は未練がましく持っているといいますね!


かくいう自分も元カノからプレゼントされたフワッフワのマフラーを未だに捨てれずにいたのですが


最近腹筋ローラーをする時の膝のクッション代わりとして有効活用することに成功しました!bBsです!


存在忘れてて大分ほったらかしにしたせいで黄ばんじゃって使うわけにもいかなかったので、非常に助かりました!


元カノありがとう!腹筋がんばります!!






さて、今日の話はカラクリ箱の話です!


f:id:bBs:20160130024401j:plain:w300



こちらがそのカラクリ箱になります。



この箱の何がカラクリか!ただの箱じゃないか、そう思ってる方もいらっしゃると思います。



しかし、この箱、普通には開きません。見た感じ、真ん中を押せば出るのか?



と、考える方もいるかと思いますが、それでも開きません。





ですが!!!少し持ち手を変えてみると・・・



f:id:bBs:20160130024322j:plain:w300




あら不思議!!!!!!!



簡単に開くんです!!



これがこの箱がカラクリ箱たる所以になります!



さて、この箱なんですが、先日弟が興味本位で買ってきたようです。



ですが、弟はこのカラクリ箱を手に入れたことに満足し、そこに何かをいれるということをしないでいたのです。





僕はこういうことが許せません。





カラクリ箱なんですこれは!この箱の中に大事なものを入れて、そしてそれを周りが開けようとするが、開かない。





これがカラクリ箱の存在価値だといっても過言ではありません!!!!(迫真






それをせずにいちゃあ、カラクリ職人の努力は何の意味もなくなるわけですよ!カラクリ職人って何かわからんけど!


そこで僕はここの中に「ある物」を入れて、弟にカラクリ箱の存在価値を解らせようとしたのです。





僕「弟よ」


弟「なに?」


僕「テスト頑張ったらしいね。春休み到来だしプレゼント用意したよ。」


弟「まじ!?なに、なに!」


僕「カラクリ箱の中に入れたから、見てみ」


弟「なに勝手に人の物にプレゼント入れてんだよ





ごもっともなことを言われましたが、そこは無視して、弟に箱を渡しました。



弟は箱の持ち主だから、多少手こずりましたが、すぐに箱を開けました。



f:id:bBs:20160129010437j:plain:w300




弟「お?!?!!?!?




f:id:bBs:20160130024327j:plain:w300




弟「ん・・・・・?」



f:id:bBs:20160130024333j:plain:w300




弟「ゴミじゃねーか!!!!!!




弟は箱の中身に大層怒っているようでした。





が、



僕はまだその先を促しました




僕「いいから、開けてみ」



弟「だからゴミでしょ・・・ん?」




f:id:bBs:20160130024316j:plain




弟「ゴm・・・・・・ゴムじゃねえか!!!!wwww







そう、僕は机の引き出しに入ってた友達からもらったけど結局使う日は来なかったゴムを弟に引き継いだのです。




弟は非常に気持ちの良いツッコミをするのを僕はいつも楽しく拝見しているので、


絶対にそのダジャレに気づいてくれると信じていました。さすがです。



弟は結局受け取ってくれず、謝罪として用意していたマックのハンバーガーを僕の分も平らげ、そのまま不貞寝していきました。


ですが、僕は見ました。箱を開けようとして、



弟「あれ、どっちから開けるんだっけ」



と、カラクリ箱の餌食にはまって楽しそうにしているその様を、


目を爛々とさせ、満面の笑みで箱を開くその様を!!



中身を見て落胆するその様を!!!!!


最後は置いといて、彼はきっとカラクリ箱の楽しさに触れられたと確信しております。



明日にはきっと、カラクリ箱の中に自分の宝物を入れ、箱は宝箱へとジョブチェンジをすることになるでしょう。




良い仕事をした。そう思える一日でした。





というわけで今日のお話はこれにておしまいです。



また明日!!



追記


後日いらんと僕に箱は渡されました。意味不。